日本語教師になって世界の架け橋に|資格が必要

アピールポイントになる

人形

スコアで評価されるのが、学校教育の外国語カリキュラムならではの特徴です。しかし、英会話は活用できることが重要で、埼玉では専門スクール以外のコミュニティの場での会話力が注目されています。英会話から様々なチャンスが広がるため、企業や学校問わず、活用したい人が様々な場所から学んでいます。

More Detail

日本語を教えるためには

勉強道具

外国語として見て教える

日本では日本語は日常的に話しているため、日本人なら誰でも日本語教師になれそうな気がしますが、実際にはネイティブゆえに日本語を外国語としてみることが難しい傾向にあります。日本語を詳しく教えたり説明したりするといったことは、日本人の誰しもができるというわけではありません。それゆえに日本語教師の資格を取得したいなら、まずは日本語を外国語として見るようにする必要性が生じますので注意しましょう。また日本語教育能力検定試験の出題範囲なども広く、独学で学ぶことは完全に無理というわけではありませんが、なかなか難しいのが現実です。よって基本的には養成講座に通って資格の取得を目指すことが一般的であり、その方が日本語教師になるためには近道と言えます。

採用条件の種類

日本語教師になるための資格としては、日本語教育能力検定試験というものがあり、それに合格していることがメインです。他にも日本語教師になるための資格は存在しており、日本語教師養成講座420時間コースや大学日本語教育課程の主・副専攻の修了などがあります。基本的にはこの三種類のどれかを採用条件としている教育機関が一般的です。高校生の時は卒業後に大学へ進学する場合、進学した大学で大学日本語教育課程の主・副専攻を修了することが日本語教師への最短ルートです。一方、すでに社会人となっている場合では日本語教師養成講座で学んで知識を身に着け、日本語教育能力検定試験を合格することが大事です。二つの条件をクリアしていることになるので一番お勧めな方法です。

あなたに合った学び方

先生

宇都宮で英会話を学習したいと考えているのであれば、料金や学ぶ時間帯など何を優先して学びたいのか条件を整理しましょう。その条件を踏まえたうえで、安いスクールを選ぶもしくはオンライン英会話の選択など、自分に合った選択肢を探していくことが大切です。

More Detail

英語の勉強

ノートとペン

大事とされる英会話の勉強では、選ぶ教材によって勉強の捗り方が変わってきます。また、英会話の学習において発音が大事になってきますから、発音を重要視して勉強する事が大事になってきます。

More Detail